あなたがそれほど親しくない人と接するとき、相手から警戒しているような印象を受けたなら、それはあなた自身が相手を警戒しているからです。
相手が不機嫌な様子なら、あなたが相手に不機嫌な印象を与えているからです。人があなたに気安く声をかけないのは、あなたが気安く近づくことを拒否するオーラを出しているからです。あなたの問いかけに対して、相手が事務的で無機質な返答しかしないなら、あなたが相手に対して関心がなく、それ以上の関係を望まないことを表情や態度で示しているからです。
そんなあなたに愛想良く近づいてくる人がいるとすれば、それはあなたを利用したいと思っている人です。

人の反応はそのときのあなた自身
人は鏡です。人の反応はあなた自身を反映しているだけです。
あなたに対して特別な意図を持っていない多くの人は、あなたがまとっている印象をそのまま表情や態度にして返します。もしあなたが暖かく迎え入れてもらいたいなら、あなた自身がまず相手を暖かく迎え入れたいと「心から」思うことです。

あえて敵を作る必要はありません。いざというときに助けてくれる人は多いほどいいものです。あなたが助けてもらいたいなら、相手に対してもいつでもチカラになりますという気持ちで接することです。これはうわべだけだと返って逆効果です。鏡はそのままを映します。あなたの笑顔に隠れた下心はそのまま相手に見透かされることになります。

まずは自分自身を解放する
あなたが相手にココロを解放しないのに、相手から本心を聞きだすことはできません。言葉に出さなくても、あなたの本心・気持ちは、あなたの表情やしぐさ、行動の端々に現れます。

友達が少ない人は、周りの人たちを友達・友達候補として見ていないからです。
あなたが頑(かたく)ななら、まわりもあなたに対して頑なになるだけです。
 

スポンサーリンク