人は、眼や耳で周囲の状況を把握することができますが、眼にしろ耳にしろ、すべて本人のフィルターを通しての知覚になります。このため目の前にあっても、他に気を取られて、見落としたり、聞こえているのに聞き逃したり、勘違いすることは多々あります。

あっても見えない/聞きたい悪口はすぐ耳に届く
探し物が見つからない場合の多くは、眼で見て探そうとしているからで、頭のどこかに「そこにはない」「そこにあるハズがない」という意識がある限り、見つけることができません。

あなたが嫌いな人に対する話を誰かが始めると、悪口につながる話だけが、すっと耳に入ってきます。これはあなたが、他の人も悪く言うのを聞きたがっているからです。

基本的に人は、見たいものしか見えず、聞きたいことしか聞こえません。感覚器官として眼や耳は目の前の映像や音を捉えますが、それが何かを判断するのは脳です。このため脳に入ってきた情報を素直に受け取る姿勢がなければ、自分の見たいものしか見えなくなります。

他の人の眼・指さし確認
自分が作った資料で、自分で見つけられる誤字脱字は半分ぐらいです。自分でやる限り、少し時間を置いたり、意図的に間違いを探そうとしない限り、全部つぶすのは困難です。

探し物を探すなら、他に人にその場所を探してもらうのがもっとも簡単な方法です。自分で探すときは、ひとつひとつを手でハッキリとより分けることで多少は見つけやすくなります。

スポンサーリンク