あなたの毎日の行動、習慣、これが自分自身のこれからと、あなたに対する評価を形成していく。
ひとつひとつの積み重ねが、3年後、5年後、10年後のあなたを大きく変える。

スポンサーリンク



1 ビジネス習慣を作る

1.1 早く出勤する

30分前に出社する

会社のなかで昇給・昇進していくための第一歩は、会社のなかで信頼されることです。そのためのてっとり早い方法は、早く出勤することです。
早朝出勤

毎日、遅刻ばかりしている人が「期日は守ります」といっても信用されなません。多少電車が遅れたくらいでは遅刻しない。そうした生活習慣が信頼になっていきます。

電車が5分くらい遅れるのはよくあることです。そのたびに遅刻していたのでは、問題外です。せめて毎日15分前に出社したい。そうすれば先輩には信用されます。

30分前だと課長に、1時間前だと部長に一目置かれます。

部長や課長の出勤はだいたい早い。
ぎりぎりに出社する部長などありえない。
あなたが早く出社すれば、自然、部長や課長の目に留まることになります。

大事なのは、一定であること

その日1時間早く出ても、長続きできないなら意味がありません。それは返ってあなたの評判を落とすだけです。
30分なら30分で、電車が遅れない限り、あいつはいつも30分前には出社している、そう思ってもらえることが信頼につながるのです。

早く出社して何をするか。
朝食をとる時間がなければ、出社してデスクでオムスビを食べてもよいでしょう。大事なのは出社時間が早いことです。

朝一番はスケジュールチェック

まずやるべきことは、その日のスケジュール、やるべきことの確認です。

それが済み、すぐに準備すべきことがなければ、始業15分前までなら新聞に目を通しても良いし、読みかけのビジネス書を読むのもよいでしょう。始業15分前からは、最初の仕事のスタンバイです。

1.2 コミュニケーションの基本

1.2.1 挨拶する

人間関係は、ちょっとしたことで出来たり、壊れたりします。その最たるものが挨拶です。
上司、先輩、同僚など知り合いに気づいたら、すぐにこちらから笑顔で挨拶しましょう。挨拶されるのを待っていてはだめです。

1.2.2 名前を覚える

名前は、本人にとってもっとも重要なキーワード

名前を忘れたり、まして間違えたりすると本人はひどく気分を害します。
まずは会社の座席表を入手し、同じフロアの人の顔と名前を覚える。座席表が手に入らなければ、自分でつくればよいだけです。
座席表

名刺交換した場合も同じです。
その場で、その人の顔と名前を頭に叩き込んでおく。記憶力に自信がなければ、後で名刺に交換した日付と印象を書きこんでおく。あなたが言葉を交わし、顔と名前を覚えている人は、それはあなたの知り合いです。

 

■(次ぎ)1.3 新人はまず電話番で役に立とう

スポンサーリンク