会社にはいろいろなルールがあり、会社の規定で定められたものから、部署内の暗黙ルールまで様々です。中には受け入れがたいルールもあります。
それが本当に必要なルールかどうかを判断する基準があります。

ルールは集団が一つの目的に向かっていくためには必要ですし、集団がルールを守ることで集団がただの人の集まりから、目的を達成するための組織に変わることができます。

必要かどうかの基準
ただし、会社の中の様々なルールには、本当に必要なの?と疑うようなものや、単に個人の価値観の押し付けに過ぎないようなものもあります。

組織にとってそのルールが必要かどうかは、次の4つのどれかに当てはまるかどうかで判断することができます。(1) 売上が上がる (2) 利益が上がる (3) 株価が上がる (4) モチベーションが上がる このいずれかです。

(1) 売上が上がる
そのルールが守られることで売上があがるのか。売上は「七難隠す」というぐらい、会社にとって売上増は最優先すべきことです。

(2) 利益が上がる
そのルールを守ることで利益が上がるのか。利益は「売上 ― 経費」ですので、これは一面では、経費が下がるのかと言い換えることもできます。

(3) 株価が上がる
これは多くは信用の問題です。株価は業績にもよりますが、社会的貢献度合いや不祥事など、会社に対する信用が大きく影響します。上場していない企業では、株価を「会社の信用」と置き換えてもよいでしょう。

(4) モチベーションが上がる
そのルールにより、社員、従業員、会社全体のやる気がでるかどうかです。団結力が強まるとか、の評価でもよいでしょう。逆にモチベーションを下げないということもルールの必要要件です。

この4つのどれにも当たらないなら、そのルールは組織にとって本当に必要かどうか再考する必要があります。
※「資産/キャッシュが増える」「負債が減る」という価値基準もありますが、これにあたるルールというのはあまりありません。
※どれかに当てはまっても、当然のことながら違法なルールはダメです。

スポンサーリンク