それって自分のことじゃ..
人は悪口をいうとき、そこに嫌悪や憎悪が混ざれば混ざるほど、悪口を言っている本人が人から一番言われたくない言葉を相手に投げつけます。

例えば
「自分勝手なことばかりしやがって」といって相手を非難する人は、普段、人のいうことを聞かずに責められることが多い人です。

「適当なことをいうな」という人は、だいたい詰めの甘いことを非難されている人です。

「生意気な」とか「偉そうに」とかいう人は、尊大な態度でつねづね周囲の反感を買っている人です。

どうも無意識のうちに、自分が言われて一番腹がたつことを相手に投げつけることで、相手に最大級の怒りをぶつけようとするようです。

人への悪口は自分に当てはまる
その人の怒りの言葉を聞いていると、よく「あれそれってあなた自身のことじゃないの」と思うことがしばしばあります。これは悪口も同じ理屈で、その人が他のひとについて言う悪口は、大概が言っている本人にも当てはまります。

相手に投げつけたい怒りの言葉や、誰かに言いたい悪口を思い出してください。それはあなた自身の反省すべき点ではないですか。

スポンサーリンク