それも職務放棄
もしこれをやらかした本人の上司が言い、あなたもその上司の部下なら一見正当な感じもします。しかし、この場合は、上司は彼に任命したという任命責任を自覚すべきで、責任の放棄という点では、やらかした本人が言う場合と大差ありません。

管理者失格
あなたの批判の仕方が上司や同僚の感情を逆なでするような言い方なら、上司の反応も理解できないではありません。しかしそうでない場合で管理職がこの言葉を使ったときは、自らマネジメント能力がないことを宣言するようなもので、その上司は担当かせいぜい主任職ぐらいに戻るべきでしょう。

通常ならありえませんが、本当にあなたをその後任に任命するようだと、その上司は上司として半人前で、部下を育てる能力がないことを証明するようなものです。もしあなたがうまくその仕事をやれば上司と先に任命された人は面目を失い、失敗した場合も一時の感情であなたに任命したということで上司は面目を失います。

貸しを作る
仮に残念な上司で、あなたがやることになったとしたら、あなたは、上司に都度報告しながら、成功へ導く必要があります。間違ってもうまくやって上司の鼻を明かしてやろうなどとは考えないことです。むしろ貸しを作り、上司に頼りにされる部下になるように努めましょう。

スポンサーリンク