厳しく部下を指導することしかマネジメントの方法を知らない上司がいますが、パワハラまがいの恐怖で部下を支配しようとすると、いつまでたっても人が育たず、組織としての力を発揮することができません。

恐怖は部下を委縮させる
恐怖で支配しようとすると、部下は萎縮し、それぞれが小さくまとまろうとします。部下それぞれは、ミスがでないよう自分の守備範囲を狭めていきます。何か間違いがあったとき、まず考えるのが、それが自分の守備範囲かどうかです。守備範囲でないとみなした仕事は、会社全体の業績を左右するようなことであっても、見て見ぬふりをします。

こうした部下が増えてくると、仕事は隙間だらけになり、定型的な仕事はなんとかなっても、例外や突発事項が出てくると、作業や責任の押し付け合いが始まります。

恐怖からは何も生まれない
怒られたくない、叱責されたくない、そんな理由で仕事をしていては、部下に仕事を遂行する達成感はなく、ましてよりよい結果を残そうとするモチベーションは生まれてきません。それぞれが自分の保身第一になり、分担して、協力して、それぞれを補完して仕事を成し遂げていく土壌は生まれません。
またそういった環境で育った部下は、自分が部下を持つようになったとき、同じように恐怖で管理しようとし、結局、人や組織を育てることができません。

恐怖の支配では成長はない
叱責や気合だけで大概のことは解決できます。ただし、そのときだけです。課題に組織として向かう気持ちがなければ、解決できても経験が蓄積されず、それが発生することを事前に防ぐことができずに、また同じような叱責や気合が必要になります。

動物に芸を覚えこませ、熟達させるのは、怒号やムチではありません。彼らをほめ、報酬を与えることです。これは人も同じです。さらに、サルやイルカにはできない、人が自ら仕事をより良いものにブラッシュアップしていく原動力は、恐怖や叱責ではなく、達成感や成果に対する喜び以外にありません。

スポンサーリンク