あなたが選挙に出ているなら、どんな形であれ議論には勝つ、または勝ったような印象を残す必要があります。また敵対している相手と議論する場合は、議論に勝つか、または負けない(引き分けか、時間切れに持ち込む)ようにすべきです。

ビジネスに勝つための議論は不要
ただし、ビジネスの場においては、議論に勝つことは、だいたいの場合は得策ではありません。勝ち負けがハッキリするような議論はなおさらです。

チームの中の議論で相手を打ち負かすようなことをすれば、その後の協力を得ることが難しくなるだけでなく、負けた相手はあなたの失敗を望むようになります。また相手以外の人はあなたにフランクに意見を言うことをやめます。

ただのバカ
もし議論の相手が取引先、商談相手なら、相手が負けを認めざるを得ないような議論をすれば、あなた、またはあなたとあなたの会社は、いずれ取引先を失うだけです。そんなことをするのはただのバカです。

建設的な結果を出すために議論する
ビジネスでの議論は、相手と自分にとってよりよい方向性を導きだすための手段です。勝ち負けをそこに持ち込むのは間違っています。どちらが正しいかを決めるような議論は無意味です。どうすればよりよくなるのか、よりゴールに近づくのかを議論すべきです。

課題の洗出しができた。問題点が明確になった。手順がより具体的になった。次の方向性が定まった。などなど、議論する前よりも状況がよくなっていなければ、議論する意味がありません。

ゴールを見失わない
もし議論が勝ち負けモードになりかけたら、その場の議論の目的・ゴールを再確認し、議論の方向性がそこに向かうよう軌道修正する必要があります。目先の勝ち負けに固執して、本来の目的を見失ってはいけません。

スポンサーリンク